ルネカントン略歴

100年の歳月をへて知らさせる真実
「海水こそ、生命を生かす源である」ということである。
ルネ・カントン Rene Quinton 1867-1925

海水療法ルネ・カントン海水療法彼は1907年、初めてのクリニックをオープンしてから、
血液の濃度まで薄めた海水を病人に輸血し、1910年までにフランス国内で約70もの
クリニックを開け、50万人以上の命を救った。当時流行っていたコレラ、チフス、リンパ
腫など様々な病気に海水注入療法を用い、病気の赤ちゃんや子供を持つ母親達から
はもちろん、フランスの著名人の間でも尊敬の眼差しで見られるようになった。
一夏に何千もの赤ちゃんが死んでしまうエジプトでもうわさとなり、ルネはエジプトでも
治療を施し始めた。

カントンの画期的な実験結果愛犬の血液を海水と入れ替え、実験前より生き生きとなり、
海水が血液と同じ組成で、働きも同じであることを証明した。
体重が5キログラムの犬に同量の海水を犬の血管に注入した。
(90分かけて、犬に海水約3・5リットルを注入した)
犬は腹部がふくれ、グッタリして 体温も下がり、腎臓排泄機能も弱まり、生命活動が低下していった。
ところが注入も終わるとすぐに体温が上がり、生理作用は回復した。実験5日後にはすっかり回復し、元気を取り戻した。
体重も元に戻った。[海水によって、細胞生命は完全な状態で生きることをカントンは証明したのである。]

次にカントンは「白血球が海水中で生きる」ことを実験で証明しようとした。

①哺乳類(犬、人、ウサギ)
②両生類(カエル)
③爬虫類(トカゲ)
④魚類(テンチ)
⑤鳥類(ハト)である。
実験は成功した。①~⑤の動物も、海水に浸された白血球は、正常を保っていた。

つまり、「もっとも過敏な細胞の一つである白血球を、体内で血液と入れ替えた海水中でも生かしうる。」ということを証明したのである。
そこで結論は、「海水こそ、生命を生かす源である」ということである。
Wikipediaから消された医師:近代医学は、パスツールを称賛し、カントンを黙殺した。
その理由は:ただの海水で、病気が治っては儲からない からである。
(出典 The History of Quinton)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です